ホーム > 公演情報・記録 > 第2回開運ラジオ

公演情報・記録

第2回 開運ラジオ
アル☆カンパニー第3回公演

2006/11/15(水)・19日(日)/新宿3丁目 SPACE雑遊

sample
作:平田俊子
演出:平田 満
舞台監督;土井三郎
照明:相良浩司
音響:藤田赤目
衣装;加藤寿子
企画制作;アル☆カンパニー
制作協力;トム・プロジェクト
協力:太田篤哉(池林房チェーン・雑遊)
 

「開運ラジオ」は、1999年、もと転形劇場の役者・佐藤和代さんの依頼を受けて書いた芝居です。佐藤さんが主催するKプラスのプロデュースにより、同年11月、新宿のタイニイアリスで上演されました。主演は佐藤和代さん、大橋由利子さん、弘中麻紀さん、演出はかもねぎショットの高見亮子さんでした。
このたび「開運ラジオ」はモデルチェンジをはかり、7年ぶりに『新型「開運ラジオ」』として生まれ変わりました。
平田満さんは役者としてはベテランですが、演出は今回が初めてだとか。「役者に演出ができるのか?」と思いの方もいるでしょう。実はわたしもその一人です。満さんすみません。さて結果はどうなるか?皆様ぜひ劇場でお確かめ下さい。
再演することをご快諾くださった佐藤和代さんに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
―――平田俊子
pic1   pic1

このページのトップへ