アル★カンパニーとは?

私たち「アル☆カンパニー」は、平田満と井上加奈子が制作する企画プロデュース共同体です。 劇団というかたちをとらず、毎回劇作家、演出家、俳優が、創造的にコミュニケーションを重ね、人間主体の演劇を目指します。 また観客とともに作品を作り上げるよう、一般公演のほか、リーディングやトライアウト(試演会)なども視野に入れた演劇活動を考えています。 主に新宿三丁目の「SPACE雑遊」を拠点に、シンプルで想像力あふれる、小空間ならではの舞台を作りたいと思っています。キャラクターデザインは村上豊さん。

アル☆カンパニー平田満・井上加奈子

主催

平田 満

愛知県豊橋市出身。穂の国とよはし芸術劇場PLAT芸術文化アドバイザー。つかこうへい事務所にて俳優活動をスタート。映画・テレビ・舞台などに数多く出演。映画『蒲田行進曲』で日本アカデミー賞主演男優賞など受賞。主な舞台に『白蟻の巣』『星回帰線』『熱海殺人事件』など。2001年には舞台『こんにちは、母さん』『ART』で第9回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。『海をゆく者』、『失望のむこうがわ』で第49回紀伊國屋演劇賞受賞。2005年よりアル☆カンパニーを設立。『父よ!』『失望のむこうがわ』などを制作。

井上加奈子

つかこうへい事務所設立より参加。『熱海殺人事件』『初級革命講座飛龍伝』『郵便屋さんちょっと』『戦争で死ねなかったお父さんのために』など、多くのつか作品に出演。その後の主な出演に、『時の物置』『帰郷』『夫婦善哉』『ダンシング・アット・ルーナサ』『スティールマグノリア』など。2005年、平田満とアル☆カンパニーを設立。『ゆすり』(青木豪作)『罪』(蓮菜竜太作)『家の内臓』(前田士郎作)『冬の旅』(松田正隆作)『失望のむこうがわ』(三浦大輔作)『父よ!』(田村孝裕作)などアル☆カンパニー全作品に出演。